HGBD ガンダムダブルオーダイバー レビュー

イメージ 1

このダブルオーガンダムで、今俺にできる最っ高のガンプラを作る!

ガンダムビルドダイバーズより、主人公のミカミ・リクのガンプラ、ダブルオーダイバーがHGシリーズで登場!
イメージ 2

ランナー一覧

HG 00のダブルオーガンダムがベースとなっています
イメージ 69

ホイルシール

GNソードIIのセンサーや頬の部分に使用します。
イメージ 3

リク、ガンダムダブルオーダイバー、行きます!

ダブルオーガンダムというベースの良さをしっかり活かしつつ、各部に様々なカスタムが施されています
イメージ 4

正面

パッと見素のダブルオーから変更点は少なく見えますが、全体にわたって細かく違いが
イメージ 5

背面

バックパックも新たなものに変更されています
イメージ 6
イメージ 7

アップ

カラーリングに青が増えたほか、形状も変わっています
イメージ 8

コンデンサのレンズ部分等、ダブルオーガンダムで無色クリアだった部分は、今回はクリアグリーンになっています

イメージ 9
イメージ 10

(リアアーマーのサーベル柄を付け忘れてしまっていますが)ダブルオーガンダムと

ダブルオーガンダムの胸部インテークの黄色パーツがダイバーではフロントアーマーに使われていたりします
イメージ 70
イメージ 71
イメージ 72

腕の可動

ダブルオーガンダム同様、肩はボールジョイントで引き出しも可能
イメージ 73
イメージ 74
イメージ 75

脚部の可動

こちらもダブルオーガンダムから衰えない驚異の可動域
イメージ 76
イメージ 77
イメージ 78

腰の可動

腰と腹部の2か所がボールジョイントなので、良く動きます
イメージ 79
イメージ 80

首の可動

こちらも変わらず良好な可動
イメージ 13

付属手首一覧

通常のダブルオーガンダムの手首に加え、新たに武器持ち手・右手用の平手・そして他のキットのライフル系武器を持たせられる少し大きめの手首が付属
新規の持ち手は本来のダブルオーガンダムの手首よりガッチリ接続でき、GNソードIIもグラつかずに持てます
イメージ 11
イメージ 12
GNソードII
2本付属。ダブルオーガンダムのものと同じですが、クリアパーツはグリーンになっています
ダブルオーダイバーでは主にライフルモードのように前腕に接続した状態で使用します。
新規の手首ならこの状態でも、根元までしっかり差し込めばガッシリ持てます。
勿論接続アームを仕舞った状態でも持てます。
イメージ 14

ライフルモード

ダブルオーダイバーでは刃を回転させずに使用します
勿論元のダブルオーのように刃を回転させた状態にもできます
イメージ 15
イメージ 16

GNビームサーベル

腰に2本装備
ビーム刃は付属していないので、ダブルオーライザーやジンクス等からビーム刃を持ってきましょう
イメージ 17

GNドライヴ

スラスターや羽根が付いた他、太陽炉も少しダウンサイジングされてます
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24

GNソードII ソードモードで

イメージ 25
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
普通の持たせ方でも
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44

ライフルモードで

イメージ 54
イメージ 55
イメージ 56
イメージ 57
イメージ 58

持ち前の可動域で、スタンドなしでも自由にポージング可能

10年経っても衰えないこの可動域とバランス・・・改めてみても凄い!
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49

GNビームサーベルで

前述の通り、ビーム刃は他キットから持ってくる必要があるので注意
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53

新規の大きめのライフル用の手首で

こちらの手首にはピン穴もあるので、ユニコーンのッビームマグナム等のHGUC系のライフルに適しています
イメージ 59
イメージ 60
イメージ 61
イメージ 62
イメージ 63
イメージ 64
イメージ 65

ザンライザーを付けてみたり

急造で付けたので大分適当なやり方ですが、中々似合ってるかなと
イメージ 66

GNセファーでも

イメージ 67

別売りのダイバーギアに乗せてみたり

ダイバーギアも複数欲しくなる魔性のアイテムですね・・・
イメージ 68

以上、HGBDガンダムダブルオーダイバーでした

ダブルオーガンダムの可動域を殺さないうまい具合のアレンジが素敵なキットで、改めてHGダブルオーの可動域って凄いな・・・と再認識させられました。
価格はダブルオーと変わらない1000円!安い!
ただ、後からダイバーエースユニットがセットになったキットも発売されるので、それまで待つというのも手かも・・・?
もっと読む

MG ディープストライカー レビュー

イメージ 1

何者なんだお前は!?

MGのナンバリングが200を超えた記念として、ガンダムセンチネルより、ペーパープランのままで終わり幻の存在とされたディープストライカーが登場!
リアル体系での立体化はG.F.Fでもだいぶ前に出ていましたが、ガンプラとしての商品化はこれが初となります
大物で、全部は自分の撮影ブースには入りきらないのもあり、簡単に紹介していきます。
イメージ 2

専用のマーキングシールが付属

ホイルシールも主にセンサー類に使用するものが付属しています。
今回記事書く予定が当初なかったため、ランナー同様撮ってないです。申し訳ない・・・
イメージ 3

フロント

デカい!長い!ゴツイ!の三拍子
ただボリュームが凄いだけでなく、この機体がガンプラとして商品化して、それを組み立てて眺められるという幸福感・・!
パーツ単位は大味なところが多く、見た目に反してかなりサクサク組み立てられます。Sガンダム部分の一部は流用なため、今では珍しいビス止め過程があるのでビスの紛失などには注意
イメージ 4

正面

メガ粒子砲の長さが凄い・・・
イメージ 5

背面

思いっきりはみ出てしまった・・・
ディスプレイスタンドは大分がっちりしていて、安定性も〇
イメージ 6
イメージ 7

横から

この真横からのアングルが最高・・・!
イメージ 8
イメージ 9

アップ

Sガンダム部分は頭部・胸部・肩部分が主に新規
頭部に関してはMG Sガンダムより一回り小型化されています。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

他にもいろいろアップで

パーツ単位は大味でも、ディテールはバッチリ!
(センサー類のホイルシールは一部のみ使用している状態です)
イメージ 10

MG Ex-Sガンダムと

イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19

腕の可動

肩は前後にスイング可能
右肩はメガ粒子砲に干渉してこれ以上は難しいかなぁと
左腕は肘から下がIフィールド発生ユニットとなっていますが、肘は曲げられます
イメージ 51
イメージ 52

肩の装甲はスライド可能です

イメージ 20
イメージ 21

脚部の可動

ブースターユニットは前後に向けられますが、スタンドが対応できるのは基本的に通常の位置のみなので注意
イメージ 22
イメージ 23

首の可動

イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27

主砲砲身ユニット

アーガマやアイリッシュ級の主砲と同タイプのメガ粒子砲
各部のディテールも精密で、本体とつながっているケーブルはリード線とメッシュパイプで再現
シリンダーや砲身の一部はシルバーメッキ仕様です
砲身はガッチリ固定され、可動はしません
イメージ 28

大型ディスクレドーム

レンズ部分はメタリックグリーンのホイルシールの上に無色クリアのパーツをハメ込む仕様
イメージ 29
イメージ 30

メインノズル偏向プレート

ボールジョイントで接続され、シリンダー部分が少し曲がります
イメージ 31
イメージ 32

ビームスマートガン

立体化の際は連射装備なこともありましたが、設定画通り通常のビームスマートガンです
右脚のブースターユニットとアームで繋がっており、しっかり保持出来ます
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43

ビームスマートガンで

アームを外しても割としっかり持てます
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47

頭部はインコム付きのEx-S仕様でも組むことができます

Ex-Sに取り付ければ軽くバージョンアップも可能(余剰パーツで頭部が2つ組めるというわけではないので注意)
イメージ 48
イメージ 49

一枚目が以前までのEx-Sの頭部で、2枚目が今回のディープストライカー版頭部

ズーム具合を間違えてしまいましたが、小顔になってるのがわかるかと思います
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55

参考までにHGUCデンドロビウムやその他乗り物系ガンプラと横並びで

デンドロビウムやネオ・ジオングと比べると流石に小さめですが、それでも充分デッカいです、
イメージ 50

以上、MG ディープストライカーでした

各部の可動・可動するポイントは最小限に抑えられ、ディスプレイモデルとしての側面が強いです。そもそも良く動くような機体でもないので、可動ギミックよりも強度を取ったのは正解だと思います。実際設定画の通りにそのまま横向きで置いておくだけで満足感が半端ないです。
値段の割にとても組みやすい上、今まで実現しなかった1/100でのアイテムでもあるので、是非手に取って眺めてもらいたい!
これで止まらずに、この先もセンチネルのMG化が続けばいいのですが、果たして・・・
もっと読む