HGAC リーオー レビュー

イメージ 1

新機動戦記ガンダムWより、量産MSのリーオーが最新フォーマットにてHGシリーズで登場!

価格は複数手に取りやすい1080円!
イメージ 2

ランナー一覧

ランナー構成も凝っていて、腕や脚などの部位ごとに使用するパーツがまとまってます
イメージ 3

フロント

関節などには最新フォーマットを採用しつつ、リーオーの持つ独特な雰囲気がしっかり再現されています。
色分けはほぼ完璧で、ホイルシールを必要としません(そもそもホイルシール自体が付属しません)
イメージ 4

正面

イメージ 5

背面

イメージ 6
イメージ 7

アップ

OZのMS独自の特徴的な頭部
赤い部分はしっかり色分けされ、カメラ部分にはクリアパーツが使用されています
イメージ 8

LM(リミテッドモデル)のリーオーと

LMシリーズは簡易インジェクションキットなため、安易には比較できませんが、それでも進化を感じます
イメージ 50

RGトールギスと

イメージ 51
イメージ 52

背中のパーツを外すと3mm穴が現れ、太もも側面の下側のパーツは外れます

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11

腕の可動

肩は引き出しも可能
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

脚部の可動

足首は結構外れやすかったです
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17

腰の可動

ボールジョイントでグリグリ動きます
イメージ 18

左右のスイングも可能

イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21

首の可動

ボールジョイントですが、形状が形状なため、可動はあまりしません
少し加工すればロール可動化出来そうな感じではあります
イメージ 22

105mmライフル

リーオーの代表的な武器
銃口とマガジン部は別パーツで色分けもされています
イメージ 23
イメージ 24

シールド

肩アーマーを差し替えして装備
シールドはボールジョイントで良く動きます
イメージ 25

ビームサーベル

2本付属
柄はしっかりシールド裏側にマウント可能
イメージ 33
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
105mmライフルで
両手持ちも楽々可能
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42

ビームサーベルで

イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46

その可動域により1話のウイングガンダムに組み付くシーンも再現可能!

イメージ 47
イメージ 49
イメージ 48

他ガンダムとも

イメージ 53

以上、HGAC リーオーでした

ランナー構成や説明書の仕様など、かなり組み立てやすい作りになっていました
更に価格も1080円と、複数買いにはもってこいのアイテム!
リーオーのバリエーションもかなり多いので、これから色々展開があると嬉しいですね
もっと読む