雑菌だらけのまな板を使うと食中毒の危険が増える!自炊するなら知っておくべきまな板の正しいお手入れ方法

食中毒は時に命に関わる危険な健康被害です。身近な原因でいうと、まな板の雑菌から食中毒になる可能性もあります。 特に自炊をされる方は、まな板の正しい管理の仕方を知っておかないと、雑菌によって食中毒になってしまうかもしれませ […]

もっと読む

部屋をブンブン飛び回られるのはツライ…暖かくなる前に知っておきたいコバエを駆除・撃退する方法と予防策

コバエに部屋の中をブンブン飛び回られるのは鬱陶しいですよね。小さくて叩きにくいので、なかなか駆除がしにくい厄介な存在です。 本記事では、コバエを駆除・撃退する方法と予防策をご紹介します。暖かくなって生ゴミが腐りやすくなる […]

もっと読む

ノロウィルスでデトックス

弱り目に祟り目というやつであろうか、クライストチャーチ出張直前に風邪をひき、
そして出張中にノロウィルスにかかってしまった。
 
油断してたわけではないが、ここ2年ほど風邪を引いてなかったので、丈夫になったもんだと自負していたところに突然の2重苦だったので、たいそう辛かった。
 
体調不良はいつも喉からやってくる。
 
元気な時は、扁桃腺に違和感⇒プロポリス消毒⇒セーフ。
 
体が疲れているときは、セーフとはならず、⇒扁桃腺の腫れは収まる⇒喉がイガイガ⇒風邪薬⇒発熱・関節痛。
 
この状態が少し緩和したところでの出張だったが、ノロウィルスの追加攻撃を受けて一晩中、上から下からと容赦なく。。。
 
ニュージーランドのMinistry of Healthのウェブサイトには、対処法として以下が記載されてます。
 

There is no specific treatment or vaccination for norovirus. Dehydration is the main cause of serious illness.

  • Drink plenty of fluids such as plain water and oral rehydration drinks.
  • Don’t take medicine to stop vomiting or diarrhoea (unless your doctor tells you to) as these will stop your body getting rid of the virus.
つまり、ノロウィルスには何にも出来ないので、水分をしっかりとって、ウィルスが出て行くまでは我慢する他なし。
 
 
潜伏期間の短いウィルスだったお蔭で、翌日の午後には復調したが、旅先での不調というのは本当に心細いものだった。
 
 
 
しかしまあなんですが、ウィルスも風邪も治った後というのは、すっきりするものですなあ。
 
これからやってくる寒い冬も完全に乗り越えられる気がする。
 
体の中の悪いものがぜーんぶ吐き出されたのでしょうね。
 
あとは、心もついでに浄化して、清い心で日々を生きていこう。
 
心に効くウィルスは何かな?
 
 
 
 
 

ノロにかかった翌日は午後のフライトまで何もできず。

早めに空港に行き、ひたすらぐったりしていました。

 

 

 

もっと読む

生存報告

前回の更新から9日も経過してしまいました。もしかすると「poohさん、生きているのかな?」と、ご心配かけているかもしれません。ご安心下さい。poohは毎日元気に過ごしています!実は、まだ旅の途中なのです。4月下旬の出発以来、なかなかのロングラン旅行です。スタート地点が京都だった事だけは前回の記事で種明かし済みですが、その全貌はまだ秘密。詳細については、後日改めてゆっくりお話しますね。そんな訳で、今回も京都で

もっと読む

逃げるが勝ち

 机の下に紙くずが一つ落ちていた、たったそれだけで、「親はどんなしつけをしているんだ!」とねちっこい説教が延々と続き、一時間たっても止まらない。翌日は、そんなことが無いよう入念に掃除したとしても、また違う理由で、ねちねちと説教が始まります。 そうしたストレスに満ちた生活が続けば、自律神経も乱れ、体調を崩します。休めば、仮病でないかと疑われ、「医者の診断書を取ってこい!」と言われる始末。その医療費、も

もっと読む