朝顔の種まきその後。驚異の発芽率でした!

朝顔のグリーンカーテンに挑戦すべく
種まきしてから約10日経過。

その結果。。。

1個しか芽が出なかった〜
( ´Д`)

少なくとも20個、いや30個近く蒔いたはずなので
発芽率は3〜4%?!
※朝顔の種の袋には発芽率70%って書いてあったのに

唯一芽が出たヨルガオもこんな↓

e0064818_20591716.jpg

真ん中辺りがちょっと茶色くなってます。
大丈夫かなぁ(*_*)

同じ頃に小学校で種まきした次男の朝顔は
もうとっくに双葉が開いてるらしく。

うん。やっぱり失敗だね。。。(´Д⊂ヽ

原因としては
・発芽処理に失敗した
・水のやりすぎ
・鳥に食べられた(一度散らかされてた)

というところでしょうか。
鳥以外は私の不手際です。

あまりに芽が出ないので掘り返してみたら
皮だけで中身が入ってないものとか
皮は開いてふやけてるけど双葉が出てこないとか
茎は出てるけど葉がついてないとか
残念なものがいっぱい。とほほ。

そして、ヨルガオとヘブンリーブルー(西洋朝顔)は種をぜんぶ使い切っちゃったので
ホームセンターに探しに行ったら
苗を見つけてしまって、
つい買ってしまいました(^▽^;)

ヘブンリーブルー。
早咲きじゃないものだけど。
e0064818_21122722.jpg

1本だけなら種買うより安いし。

1年生でも育てられる朝顔、
まさかこんなに苦戦するとは思わなかったよ。とほほ。

そんなわけで、
気を取り直して、今後は
・日本朝顔(種)
・ヨルガオ(ヨレヨレの双葉)
・西洋朝顔(苗)
で再チャレンジしてみようと思います。

今度こそ頼むよー!

ブログ村テーマ:緑のカーテンを作ろう!
ブログ村テーマ:もっと心地いい暮らしがしたい!

———————-

↓更新の励みになります。応援クリックお願いします♪

にほんブログ村

もっと読む

報告、確認不足な運動会(2018)

 

ご訪問ありがとうございます。

 

息子の運動会、

今年も安全無事に終了いたしました。

 

 

小学2年生になった息子の出番は、

午前の部に3つ。午後の部に1つ。

 

 

 

息子の小学校は、

運動会の進行状況を

プログラムごとにメール送信してくださるという

素敵小学校です。

 

 

わたしは、その有難いメール頼りに

息子の出番だけ足を運ぶというスタイルです。

 

 

午前の部の2つは軽〜く流しまして(玉入れとダンス)

 

やはりメインイベントは、

 

午前の部、最終プログラムの低学年リレーです。

 

 

息子から

今回は7番目に走る

・・と聞いていました。

 

 

今年は、雨の日が多く

去年よりもリレーの練習が少なかった

・・というお話も聞いていました。

 

 

7番目に走るということは、

 

(トラックの)奇数側で待機していればよいのだな

 

・・と待ち構えておりました。

 

 

 

 

 

 

 

リレーの選手、登場です!!

 

phonto.jpg

(1年生〜3年生)

 

 

 

phonto.jpg

 

 

 

 

 

 

息子は去年同様、赤組で

 

リレーも赤です。

 

 

phonto.jpg

 

 

がんばれ〜〜〜〜♪

 

 

 

phonto.jpg

おぉ〜♡

 

気づいてくれて手を振ってくれました。

 

 

 

 

なんと!息子のリレーで走っている姿、

 

 

・・・・み、み、観られませんでした。(悲報)

 

 

もちろん、画像にも残せませんでした。

 

 

我が息子、

 

いつの間にか・・・第一走者だったんです。

 

スタート走っとったんです。

 

 

phonto.jpg

あぁ〜〜〜・・

 

 

ちゃっかり、ゼッケン「1」つけとる。

 

 

 

 

7番走者に息子が見当たらないので

 

プチパニックに陥ったわたしは、

走り終わったランナー軍の塊を探しました。

 

 

 

 

 

い、いた♡

 

 

 

ちょこん座りしている息子発見。

 

 

 

 

 

phonto.jpg

 

 

おーーい!!

 

早く、言ってくれよ〜〜!

 

スタートダッシュ見たかったです。

 

これはもう〜2年生短距離走にかけるしかない

 

と気持ちを改めて

 

リレーの記憶を消そうと思いました。

 

 

 

 

 

息子がリレーのゼッケンを持ち帰ったのですけど

洗濯するのが若干、恨めしかったです。

 

 

phonto.jpg

 

P「1番に走るっていつ決まったの?」

 

息子「覚えてな〜〜い♪」

 

P「7番に走るって聞いていたから、ダイヤくん走るの見れなかった。

写真も撮ってない。」

 

息子「そうなんだ〜〜別にいいよ。来年も走るから〜〜♪

 

 

来年もリレ選に選ばれる気満々♡

 

 

 

 

スタートからいい位置で観たかったのですが、

ベストポジションが埋まっていたので

 

 

7番走者の時だけ譲ってもらう手筈を整えていたんです。

 

5番走者くらいから

 

保護者さん達に

「ほら!もうそろそろでしょ??ココ!ココ!!」

 

とわざわざ有難いことにスペースを空けて頂いたんです。

 

 

 

ワタクシ、カメラを構えながら

 

P「あれ?・・居ない。あれ??どこにも見えない。」

 

保護者さん達「え??いない??どうした??」

 

 

 

P「いなーーーーい!!!」

 

・・いうて、パニックですわ。

 

 

 

そのまま上記のように

ちょこん座りの息子を見つけて

大爆笑でしたわ。

 

 

オモシロ過ぎる。

 

 

 

報告しない子どもと確認しない親。

 

 

いいコンビだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

午後の部は短距離走だけなので

 

余裕ブッこいておりましたら、

 

進行状況メールがいきなりすっ飛ばして

 

「これから、プログラム○番 2年生 短距離走が始まります。」

 

ときたので

 

すっ飛んで行きました。

 

 

 

 

 

 

息子の出番は、

予め学校からのプログラム表に書いてありました。

 

「ぼくは、13レース 4コース を走ります。」

 

みたいな感じで。

 

 

 

 

最後の方に走るので余裕で間に合ったのですが

ゴール前のベストポジションは大混雑状態です。

 

みなさん、譲り合って

我が子の番だけ前方で待機しています。

 

 

 

「うちは、もう終わったから前どうぞ。」的な

会話が繰り広げられているのですけど

 

わたしも

 

「13番目なのでまだ大丈夫です。」

 

という話をしたりしていたんですね。

 

 

 

 

すると、あるママさんから

 

「(息子さんは、)リレーの選手ですか?

13番目と14番目は、

全クラスのリレーの選手が走るんですよ。」

 

と教えて頂いたんです。

 

 

 

お、おーーーーーい!!息子よ。

 

そういうの早く言ってくれよ〜〜〜!!(心の声)

 

 

 

知っていても

 

わたしの『気合い』が変わるだけで

息子にとっては何も意味ないんですけど

 

前もって知っておきたかったです。

 

クラス代表、リレ選同士の戦いなんて

相当おもしろいレースです。

 

 

心構えみたいなモンが欲しかったんですよね。

 

でも、しょうがないです。

 

 

我々・・・

 

報告しない子どもと確認しない親なんで。

 

 

 

 

 

phonto.jpg

左側が息子です。

 

 

 

 

 

やばい、ここからだとスピードの差が全くわからないw

 

phonto.jpg

いけぇーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

phonto.jpg

見事、1位でした。

 

 

 

P「全員、リレーの選手だったんだって?」

 

息子「そうだよ♪」

 

P「そういうの教えておいてよ。」

 

息子「え??なんで??」

 

P「知りたいから。」

 

息子「知りたいなら、ぴ〜ちゃんが聞けばいいじゃない♡」

 

P「……..。」

 

 

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。

 

もっと読む

子どもの分だけ運動会弁当♦︎2018♦︎

phonto.jpg

ご訪問ありがとうございます。

 

 

今日は、小学校の運動会でした。

 

今年も安定のぼっち参加です。

 

去年は、

意味不明すぎる緊張感の中での観戦でしたが

 

今年は、

とってもとってもリラックスしていました。

 

息子に対しての緊張感、

2年目にして早々と慣れたのかもしれません。

 

 

運動会、非常に楽しかったです。

 

▼▼▼

 

 

 

 

 

今年の息子のリクエストは、

お赤飯おにぎり♡

 

 

わたしは、コンビニでおにぎりを買うとき

 

必ず、お赤飯おにぎりを選びます。

 

おにぎりの具、

第1位は「昆布」なんですけど

 

コンビニおにぎりは、

第1位が「お赤飯」です。(いらん情報)

 

 

セブンに入ったとき

お赤飯おにぎりがひとつしか残っておらず

コンビニ内で息子とケンカになったこともあります。

 

 

 

わっぱに「おにぎり」

 

・・どうやって詰めよう??

 

 

 

 

そこそこ悩みましたよね。

 

 

phonto.jpg

大体のイメージを絵にして

詰めました。

 

 

 

phonto.jpg

 

 

 

 

 

 

(横からの図、気に入らん。)

phonto.jpg

お赤飯おにぎり、玉子焼、冷凍枝豆、プチトマト、きゅうりの塩麹漬け

パプリカピクルス、梅干し

 

 

 

 

 

 

 

phonto.jpg

パプリカピクルス(食べかけ)

 

 

 

フルーツは、スープジャーに入れます。

 

 

 

phonto.jpg

スープジャーの中に氷と水を入れて10分程

冷蔵庫で放置。(水滴拭け)

 

氷水を捨てて、

冷凍フルーツを入れました。(パイン、3種のベリー)

 

 

 

phonto.jpg

ラップを敷いて….

 

 

 

 

phonto.jpg

生のフルーツを入れました。(りんご、イチゴ)

 

 

いいお天気でしたので、

冷たいフルーツは、火照ったカラダに染みたそうです。

 

 

 

今回の運動会、

 

「えっ??もっと早く言ってよーーー!!」

 

……な場面に遭遇してしまいました。

 

 

また改めます。

 

 

※去年の運動会弁当

 

▼▼▼

 

 

今日は、以上です。

 

ありがとうございました。

 

もっと読む

息子の受け入れ力

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

1日の中で1番ウキウキする夜の黄金時間。

 

お互い自由に楽しく暮らしたいので

息子と約束をしました。

 

 

 

寝る時間は、自分で自由に決めていいけれど、

夜9時以降は、「母親」を閉店します!と。

 

▼▼▼

 

 

夜9時になったら、

母親に閉店ガラガラ〜〜〜〜された息子は、

寝室へ行き、ウキウキ♪自由に過ごしています。

 

 

 

何時に寝ているのか、

最近は全くわからないのですけど

 

わたしが寝室へ行くと、

部屋の散乱具合がハンパなく異常になっていきました。

 

無秩序にもほどがある、ガチ中のガチなんです。

 

 

わたしのベッドまでたどり着くのに

本当に足の踏み場がないのです。

 

マジで強盗はいったな…..とため息出ちゃう程なのです。

 

 

わたしは、

寝る部屋に「ベッドしか置きたくない症候群」なんですけど

 

毎晩、

乱れ放題の寝室で寝なければならない日々が続きました。

 

 

 

とうとう母の堪忍袋の緒がブチ切れましたので

こう警告致しました。

 

 

 

P「自分の布団の上だったらいくら散らかしてもいい。

でも、わたしの動線上にひとつでもおもちゃを発見したら

即刻捨てます!」と。

 

 

わたしの動線とは、

息子の布団以外の床すべてです。

 

 

 

 

過去にも何度か捨てられた経験のある息子は、

 

(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

……..震えながら(実際、全く震えてなんかいない。)

寝る前に私物を片付けるようになりました。

 

 

 

 

 

がしかし!!

 

 

彼は元から余裕たっぷりん♪のお茶の子さいさい男なんです。

 

気が抜けたのか知りませんけど、

 

先日、寝室に入りましたら

派手に散乱していたんです。

 

 

 

 

 

 

 

えへへへ。

 

ニヤニヤしながら

遠慮なくゴミ袋にブツを入れ込みました。

 

 

きちんと片付けてくれるのは、キレイなお部屋で寝られるので

…..わたし、嬉しい。

 

散乱状態でも、息子のガラクタを

ここぞとばかりに捨て捨て祭れるので、

 

……わたし、最高に嬉しい。

 

 

この取引、

わたしにとって、どっちも利益しかない取引だったのです。

 

 

 

 

 

 

phonto.jpg

45ℓゴミ袋にバッサバッサ突っ込んで捨て去りました。

 

 

 

目覚めた息子は、事態に気づき

さぞかし暴れ、泣きわめくだろう。

 

久しぶりに泣き顔が見られる♡

 

…と大いに期待していました。(息子の泣き顔が大好物です【変態】)

 

 

 

 

 

 

翌朝、

 

わたしよりも早くに目覚めたらしい息子。

 

 

わたしの枕元までやってきて….

 

 

 

息子「ぴ〜ちゃん、全部捨てちゃったの?」

 

P「うん。」

 

 

息子「そっか。。悲しいけど、しょうがないね。」

 

 

P「え??」

 

 

 

 

 

 

 

 

ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

ーーーーーっ!!!!!!!

(心の声)

 

 

 

 

なに?その受け入れ力!!

 

 

捨てられてしまったおもちゃに執着はなく、(あるかもしれない)

 

おもちゃを捨て去った母のことを一切責めない。

 

驚くことに、

おもちゃを片付けなかった自分のことも

一切責めなかったんです。

 

 

 

息子「片付けようと思ったんだけど〜知らない間に寝ちゃったみたい♪」て。

 

 

 

わたしは、

悲しみに暮れる息子の頭をナデナデしながら

 

「おもちゃ捨てられて悲しいよね〜、残念だったね〜」

 

とか、優しく慰めてみたいと思っていたんですね。

 

 

 

もうこれで懲りたであろうと

数日後、寝室に入りましたら

 

またもや、ガチ中のガチ発見。

 

 

 

息子の布団の上は、

いつものようにおもちゃでぎゅうぎゅう。

 

 

床まで派手に散乱。

 

 

 

phonto.jpg

布団の上のものはそのままにして、

ぬいぐるみ類、戦隊系の本やおもちゃをゴミ袋に入れました。

 

 

 

以前にも大量にぬいぐるみを処分した経験があるのですが

気分が良いものではありません。(過去記事探せず)

 

確か、

塩をまいて一体一体、包んで処分した記憶があります。

 

さすがにそれをやる気力がないので

とりあえず、

息子の目に届かない場所へ移動し、保留することにしました。

 

 

 

どういう反応だったのかというと

 

 

この日もやたらと早く目覚めたらしく

 

部屋中バタバタしている音がしていて、

ぬいぐるみ達の行方を捜しているようでした。

 

 

 

 

息子「ぴ〜ちゃん、ドラえもん…捨てちゃった?」

 

P「うん。」

 

息子「ドラミちゃんとドラえもんは、とっといて欲しかったな〜」

 

P「ふ〜ん。」

 

息子「まっいいや!また買ってもらえば♡」

 

P「….はっ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ〜〜〜???(全力)

 

 

 

 

 

 

こういうヒトを「甲斐がないヒト」というのだと思います。

 

徹底的に響かない。

 

おもちゃを捨てる行為事態、まるで意味がない。

 

そして、もう2度とぬいぐるみは買わない!!

 

 

 

 

ただ、

 

わたしは息子のこの「受け入れ力」

 

今までたくさんたくさん助けられてきたのだと

 

気づいたんです。

 

 

宇宙人であるバシャールの言葉と

同じ言葉を息子も頻繁に話していたので

 

記事を分けます。

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

もっと読む

「今にすべてがあるよ」とまた話していました。(音声あり)

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

今日は、

久しぶりに息子の音声をお届け致します。

 

 

 

少し前に録音したものなのですが

 

今回も言っていることはいつもと同じで

 

 

「今にすべてがある。」

 

…..です。

 

 

 

『今』に悩みなんて存在していない。

 

つまり、いつもパーティー状態。お祭り騒ぎ状態。

 

▼▼▼

 

今の宇宙は、すごく!キレイな発表会とお宝島があるの。

 

それが、

好きなこともできるし、えーーーーっと

探検していいし、自由に暮らせる・・あのー・・大冒険があるの。

 

そこに行くといいよ。

楽しいよ。遊べるよーーーーー。

 

 

 

 

宇宙で惑星たちは、

自分のことを自由に表現し、発表している。

 

きっとそこに争いや批判はないのでしょう。

(惑星同士で争っていたら宇宙は崩壊する)

 

発表会を開いてお互いのいい所を認め

ご機嫌さんにお祭り騒ぎをしている。

 

息子の音声は

 

「人間どもよ・・地球でもそれをやればいいじゃーーん♡」

というメッセージに聞こえました。

 

 

 

 

 

「今」とは、宇宙(神様)と繋がる場所。

 

 

 

では、音声をどうぞ。

 

 

 

あのね〜、ただ次元が違うだけで視えるの。(過去も未来も全て)

 

ただ..ただ….頭を使えば視れるの。

 

そして、視れれば神様も楽しめる。

 

いいな〜♪ウシシシ♪って笑っちゃう、神様は。

 

ね?

 

で、過去もヒトが視てると神様にも視えるのね。

 

その、視えた数を神様が書いてて、

どれぐらい来てるか、神様のところへ来てるか

書いてるの。どれぐらい来てるか。

 

(※神様のところ=今)

P「神様のところへいると(過去も未来も)視えるってこと?」

 

うん。

 

そして、

 

今は今。でも、ただ視えるだけ。

 

時間もおんなじ。(※過去も未来も一緒。次元が違うだけ。)

 

 

だから、

一緒じゃないとおかしいでしょ?

(過去も今も未来も同じ。)

 

 

時間もぐちゃぐちゃだったらおかしいの。

 

時間がおんなじじゃないと、過去は、過去とか視えないの。うん。

 

 

そして、

あの〜神様は、レジェンドって言ったでしょ?

 

 

あっ!ぴ〜ちゃん!前、言ったんだけど〜

 

あの〜パーティー会、行ってきた??

 

P「パーティ会ってなに?….あ〜〜!神様のところ?(宇宙)」

 

うん。

 

P「わからない。いけてるのかわからない。」

 

ダイヤくん、行ったよ。

 

P「(わたし)いた?」

 

いた。

 

P「全然覚えてない。ごめんね〜」

 

酔っ払ってたんじゃない?wwwwww(吹き出し笑い)

 

残ってる可能性もあるよ。(お酒が)

 

だって..だってwwww宇宙の時もあるから〜〜w

 

(パーティー会)凄かった。楽しかった。

 

パーティー会っていうのは、

神様のパーティー、神様の誕生日っていうこと。

 

 

そういうことで〜、

ぴ〜ちゃんは、覚えてませんけど〜

 

皆さん♪

あのね〜、ぴ〜ちゃん、酔っ払っている可能性が高いんですよ♪はい。

そのつもりで。はい。

 

P「誰に言ってんの?」

 

みんなに紹介してるの。(パーティー会に来ている皆さん。)

 

こ〜〜んな感じで!!はい。

ちょっと酔っ払ってて〜♪はい、そんな感じで〜♪

可愛いですよね〜〜♪う〜〜〜ん♪

 

 

 

 

宇宙でも酔っ払い扱いされた母。

 

 

 

「ぴ〜ちゃん、酔っ払ってるから宇宙の記憶がないんだね♡」て。

 

 

息子は、

 

わたしも何度も宇宙へ行っている、

と話すのですけど、

 

わたしには宇宙の記憶がありません。

 

 

 

 

わたしは、

 

お酒を呑まずとも、

寝てしまうとほとんど(地球の)記憶がないんですけど

 

宇宙の記憶もそういうものなのかもしれません。

 

地球に来たらすべてを忘れてしまった・・みたいな。

 

 

だからこそ、

地球で遊べるのだと思います。

 

 

 

 

 

現実は、夢だ、幻想だ、幻だ、

と(息子に)唱えられても

 

 

宇宙の記憶がないわたしにとって

現実は、そのまま現実です。

 

 

 

幻想である現実にどっぷりと入り込んで

 

悲しんだり、不安になったり、心配してみたり、

怒ったり泣いたりしています。

 

 

 

「あっ!これは夢だ!」

 

と気づくときがあります。

 

 

 

これは、夢だ。夢の中だ。

 

と気付けると、現実から離れるので

不思議と落ち着くことができます。

 

 

 

夜寝てみる夢の中で

いくら怖いものに追いかけられていても

 

途中で、

「おや?なんかおかしい。これは夢だ。」

 

と気づくと、

 

急に視点が上がり、

 

何者かに追いかけられている夢の中の自分を

客観的に、映画を観ているような感覚で眺められるようになる。

 

 

そんな感覚なのだろうと思われます。

 

 

 

これはきっと、

 

頭の中で一生懸命わかろうとしても

頭….思考では解らない案件なのかもしれない。

感覚のみ。

 

 

 

そして、

映画も小説もいつかは終わりがやってくる。

 

 

 

この世界は、己の心の映し鏡であるので

どんなストーリーでも己で自由に創ってゆける。

 

▼▼▼

 

 

 

「はぁ〜〜♡おもろかった♡」

 

と必ずなるらしい。

 

 

 

そして、宇宙へ還ったのち

 

また懲りずに、

もう一度地球へ行きたいと願う。

 

人間てやつは。。。

 

マジでしょうもない。

 

だからこそ、たまらなく愛すべき存在です。

 

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

もっと読む