イチゴ苗のそうじと洗濯

この時期、花粉蔓延力がすごいですなあ。薄黄色になった車があっちにもこっちにも。
それは、当方の極小ベランダにさえ、もれなくふりかけられております。

こちら、四季なりイチゴの「めちゃウマ」の葉。花粉はまんべんなくまぶされてますから、即、唐揚げにできそうですがな。
イチゴの葉に積もった花粉

ちょっとあんまりなので、とりあえずゴミ箱の栽培容器ごとキッチンに運び、水道水をかけて洗いました。

ついでに根も点検しよう。
水耕栽培の根の様子。(四季なりイチゴのめちゃウマ)
うーん、薄茶色かあ。まあまあの健康状態ってところか。

4鉢全部の葉を洗い、液肥をとりかえて元のところにもどしました。ちょっとさっぱりしたかなあ。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ゴミ箱容器で水耕栽培。

あ、まだ用事がありました。こんもりした葉の茂みに隠れて見えなかったけど、下の方に痛んだ葉あり。
四季なりイチゴのめちゃウマ。傷んだ葉があちこちに。

摘み取ってポイポイ。けっこうあるもんだ。
イチゴの苗の傷んだ葉や実を取り除く

実もできてます。
四季なりイチゴのめちゃウマ。花と実。

しかも、株のまわりをぐるりと放射状に。
四季なりイチゴのめちゃウマ。実が放射状にできている。

去年ランナーから苗をとったときは、たった一株だけを植えたはずなのに、穴あきの直径10センチの鉢がぱつんぱつんになるほど増殖したらしい。

ところで、イチゴは同じくペットボトルの水耕栽培でも3鉢育てています。
ペットボトルによる水耕栽培。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

こちらにも実ができていました。左の3個はへなちょこですけど。
ペットボトル栽培のイチゴにできた実

実の付き方は、ペットボトルの栽培でもおなじく放射状になってました。
四季なりイチゴのめちゃウマ。ペットボトル栽培も放射状にできている。

ゴミ箱とペットボトル。どちらも同じように収穫できるんだったら、ペットボトルのほうが場所をとらくてうれしいがなあ。どんなもんでしょう。結果がたのしみであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ