一体何の話だろう?「気を悪くしないで聞いて欲しい」と両親が語り始めました

「気を悪くしないで聞いて欲しいんだけど・・・」
先日、実家に行った時、両親がオズオズと語り始めました。
さぁ、彼らは一体何を言い出すのか? 平静を装いながらもこちらも若干ビビり気味です。

しかし、いざその内容を聞いてみると、只々ズッコケるだけでした(苦笑)
過去にpoohが父にプレゼントした衣類に関するものだったのです。

「せっかくpoohから貰った品なのに、お父さんたら実は1回も着てないの」
「この色ならケッチーさんに似合うんじゃないかしら?」

そんなことを言いながら母が出してきたのは紳士物のポロシャツ(①)とサマーセーター(②)。
確かにpoohにも見覚えがあります。
①は還暦祝い、②は父の日・・・どちらも20年近く前に贈った品です。
プレゼントした時の箱のまま、ずっと押入れの奥で眠っていた模様。

贈り主のpoohが言うのもナンですが、①②共になかなかオシャレです。
着る人が着ればステキでしょう。
でも、確かに父には少々ハイカラすぎたかもしれません。

しかしながら、我が夫・ケッチーくんが着用するのは如何なものか?
なんせ還暦祝いの①は赤色だし、②にいたっては「THE ゴルフウェア」そのもの。
どんなに良い品であろうとも、彼は絶対着ないでしょう。

実は「ケッチーさんに」と、この品を差し出されたのは、今回が初めてではありません。

数年前にも今回と同じ提案があり、「いや~、ウチには不要」と断ったのでした。
poohの妹たちの帰省時にも、おそらく同樣のやり取りが勃発していたと思われます。
義弟たちからも拒否されたであろう衣類は、このままでは永遠に同じループを辿りそう。 
いい加減に、この負の遺産から両親を解放せねば!

そんな訳でpoohが実家からの帰り道にリサイクルショップで処分することにしました。
「せっかくのプレゼントを・・・」と、両親も随分恐縮していたようですが、いやぁ、断捨離好きのpoohとしては逆に清々しい気分です♪

「娘たちへの遠慮のカタマリ」は実家にまだまだ埋もれていそう。
今後もちょくちょく覗きに行って、その処分の手助けをしていくつもりです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ