ヒラメを狙って秋の日本海、 兵庫県・香美町 / 香住


日本海のズワイガニ漁がまさに一昨日から解禁になったみたく、今朝も数隻の
大きな漁船が漁に出てゆきました、、、

午前5時半頃に戦場に到着するとすでに“マダイ師匠”は大量のアジを確保され
休憩中?早速攻撃準備に取り掛かり一斉放火となりましたが、最初は無駄に
たくさん投げず1~2本だけでイカやフグといったエサ取りの様子を窺います。







「香住」


あれっ!?とお気付きになられた方もいるかも?なんですが、、、あはは、
マダイ師匠ともあろう人がなんと三脚を入れ忘れちゃったらしく投げ竿を直置き
で攻撃されてます。数本持参されてるうち、さすがにNEWスピンパワーを
そのまま地ベタに、、、ってのは痛々しいので1台予備として持参してたJCAの
三脚を使って頂き、また他の三脚上にも気にせず置いて下さいよ~と。

だけどミックスってよりど~してもご自身の陣地で~ってスタイルを好まれる
マダイ師匠ですからバッカンやら他を三脚の代用としてやられてます。(笑)


今日はわたくしめの地元、兵庫県南部は終日雨の予報でここ北部に関しても
きっと似たよ~なもんだろうと雨覚悟でやって来ましたが、今のところ曇って
いるだけで雨は1滴も落ちて来てません ♪

何度か仕掛けを回収しエサのチェックを行うも、ど~やらエサ取りはほぼ皆無?
っぽく毎回アジが元気なまま返ってくる事から全ての仕掛けを投入しアタリを
待っていると今までアジが泳いでいるせいでコンコンと定期的に動いてた竿先が
超スローペースに押さえ込まれてゆき、


ジリジリジリジリッ


即止まってしまったのでもう1回鳴るまで?と思うも待てずにグイっと、







46cm ヒラメ撃沈。


ここでのアベレージサイズって感じでしょうか?

たま~に50cmオーバーも出たりしますが今時期は40cm台がメインといった
印象がありますねぇ。でもまぁ、日帰り圏の近場でお手軽にヒラメが釣れるのと
何より瀬戸内に比べて釣り人が少ないのがありがたいところ。


程なくしてマダイ師匠の竿にも大きなアタリが出るもサメ、、、そして再び
アタリが出て今度は水面に浮いてきた姿が黄土色でかつマゴチにそっくりだった
のでデカいマゴチ!?と一瞬思うもサカタザメ、、、期待させやがって~
バシバシ!という鈍い音が近くから聞こえてきておりました。(爆)

イカやフグといった大切なアジをガジガジ齧ってくるエサ取りはよりはサメ類の
方がまだマシ?とも思えるも、掛かってから上げるまでのやりとりが面倒に
なってきますよね~、、、馬力がありますから簡単には浮いてきませんし。


そうこうしてるとJCAの竿にももの凄い高速ドラグ音を鳴らす何かが掛かり、
青物?と期待して浮かすも、





チ~~~ン!


メーター近くあるサメ。

ど~やら近辺を結構な数がウロウロしているよ~ですねぇ、、、だから他の魚の
活性がイマイチなのかも?まっ、こやつらも回遊性のものですからしばらく
するとどこかへ行ってくれるでしょう!いや、行ってくれる事を祈りましょう。


サメのラッシュが落ち着いてやっとこさマンダムタイム?少し雑談などしながら
休憩できる時間が訪れた午前9時、地元のお天気はどんなものか?自宅に電話
して聞いてみると起きた時からず~っと激しく雨が降っているよう、、、

ついでに再度最新の天気予報をチェックするとこの一帯もお昼過ぎから崩れて
くる予報で、雨より先に正午を回ると急に南西の風が強くなってくるみたい。







でも今現在は?と言いますと、ご覧の通り、一面青空で背後の山はちらほら
紅葉し始めてオレンジ色になってる部分があったりと秋を感じさせるのどかな風
景が広がっております ♪ まもなくここらも真っ白になるんでしょうねぇ。


今朝はあまり寒くなく日が昇ると最高気温21℃まで上がる旨あったよ~に
確かに着込んでると蒸し暑い!ミドラー上下を脱いでちょ~どいいくらいの気温
なんですが、まだ居たのか!?って驚く事にヤブ蚊がプ~~~ンと、、、
気温上昇と共に出てきたのか知りませんけど超~不快ですわ。

わたくしめも釣り用のバッグには年中常にキンチョールを忍ばせてありますから
ここぞとばかりに取り出して徹底抗戦!その間に暇過ぎるからとマダイ師匠は
再びサビキ竿を片手にエサのアジ釣りを始めるも夜間はいいサイズがいたのに
明けてしまうとほらっ、





オキアミを入れなくても入れ食いなものの、どれも全て豆アジ以下!?の
マイクロサイズ、、、さすがにこれじゃエサとして使えませんわ~。

人によってはこやつらを2匹一度に掛けてほ~り込んでという裏技を使われてる
とも聞いた事がありますが、とりあえず昨夜のうちにキープして頂いてた
ストックが十分あるので大丈夫かな?それにマダイ師匠のご都合で今日は
午後13時には片付けて撤収しないといけないのであと数時間、、、エサ取りも
皆無な事ですから確実にエサは持ちます。


午前11時半を回り潮が徐々に動き出してたのか?目の前に幾筋もの潮目が形成
されそのぶつかり合ってる所目掛けてファイヤ~してみると、

着底後、糸フケを取り仕掛けを一直線にしてステイさせた直後に、


ジ~~~ッ!


いきなり飛び付いてきましたよぉ ♪





マダイ師匠にタモ入れして頂きフィニッシュ ♪

最初のよりドラグ音が鋭かったのでてっきりサイズアップ!と思えば少々
サイズダウンの41cm ヒラメ


最後に時合い到来か!?


アジも余しても放流して帰るだけですから全て元気な個体にチェンジして
マダイ師匠とラストの一斉放火をするも、後には続かずタイムアップ!

もっと個体数がたくさんいる海域ならこんなタイミングでは高確率で複数匹
出てくれるもんなんですけど、さすがにここらじゃそう簡単にはいきませんね。
初夏にかけてのマゴチの方は数も型も実績がある戦場なので毎年ヒラメも期待
して今時期にチャレンジするもいまだ弩級サイズは見た事ないかな?(笑)





でも美味しいお土産になりましたぁ~ ♪


帰りは北近畿豊岡自動車道も通行止めは無く豊岡市内を抜けたら八鹿ICより
乗ってス~イスイっと渋滞にも巻き込まれず帰還!




「明日はどちらへ?」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ