マコガレイのお造りとお寿司 ♪


撃沈してきたマコガレイ4匹のうち3匹は後日煮付けなどで楽しもうと下処理を
して真空パック冷凍&最も肉厚かつ大きかった個体1匹を5枚おろしにして
生で頂いちゃう事に~ ♪

これはまぁ、個人の好みとなってしまうんですけど大キスなどをお造りにする
場合、撃沈した当日に頂いても格別!となるも、ど~もマコガレイに関しては
1日冷蔵庫で眠らせてから食べた方が断然甘味が倍増する?ってゆ~か明確に
分かるお味に仕上がり遥かに美味しく感じております為、今回もお造り用の
サクにまでしてから1晩眠らせる事に、、、





半身はそのままに、もう半身は利尻昆布でサンドイッチして昆布締めにして
風味を付けちゃいましたよぉ。

過去にキスなどで昆布締めを作った際には細くスライスして糸造りで頂く方が
ねっとり絡み合って非常に美味しく感じられるも、それ以外の魚種はそのまま
お造りの如くスライスするのが一番かな?糸造りにしてみるものいいかもとは
一瞬思いましたがやっぱりや~んぺと。(笑)

今夜のFISH DINNERの出来上がりでございます。





マコガレイのお造り&お寿司 ♪


美味しそうに仕上がったでしょ?

お皿に盛られたお造りの色から見ても分かりますよ~にメインは昆布締めにして
、そのままのお造りは右斜め上の数切れのみです。









余った身やサクの端を使って花が作られておりましたっ ♪

早速頬張って昆布締めとそのままのを比較してみますが、やはり昆布締めにした
方が昆布の風味はもちろんの事、身自体がより甘くまろやかに感じられます。

噛めば噛む程、甘味が増して最後はトロトロになって消えてゆくって表現が
ベストかな?料理評論家じゃありませんからそんな壮大なスケールを用いた表現
はできませんけどJCAはこのお味が大好き!今、マコガレイの話をしてて
思い出したんですが、青森の戻りのマコガレイは現地でそのままお造りにして
頂いた時も同レベル程の甘味がありましたから乗っ込みと戻りシーズン、また
獲れる場所によっては味が少し異なってるのかもしれません。


特に獲れる場所ってのは想像以上に魚自体の味に影響してますよね~、、、

例えば北海道のクロガシラにしても日本海側や太平洋側で獲れるのとオホーツク
海で獲れるのではお味は雲泥の差ですしね!オホーツク海産の魚介類は市場価格
で比較しても分かるよ~にどれも本当に高価に扱われてます。

確かに誰が食べてもそれを裏付けれるだけの違いがあります。


さて、最後はお寿司になります。







お寿司は昆布締めではなくそのままスライスした身を使ってますよ~。

酢飯に昆布締めした物を乗っけてしまうとちょこっとクドい?とゆ~か
濃厚テイストになる過ぎるのでここはサッパリと仕上げる為にもあえて
そのままのを。白身のほんのり甘さ香る淡泊なお味がベストマッチで最高です!

新鮮なカレイのお寿司が頂けるのはやはり釣り人ならではの特権じゃない
でしょうか?そしてこれはマコガレイとは全く関係ありませんけど、いくら
パラパラ網で自作した浜のお味 ♪ イクラの醤油漬けをたっぷり乗せて
軍艦巻きも一緒に~。贅沢極まりないディッシュです。(笑)


透明なお酒と良く合うFISH DINNERでしたっ ♪



フリーザーにほ~り込んである残りの3匹も楽しみです~。




「美味いよね~」 と思った貴方!これ押してちょ → にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ