AKB48の投票券を抜いたCD585枚を山中に投棄

Pocket

福岡県警筑紫野署は16日、人気アイドルグループ「AKB48」のCD585枚を同県太宰府市の山中に不法投棄したとして、廃棄物処理法違反容疑で同市に住む30代の会社員の男を福岡地検に書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。男は「アイドル総選挙で(CDに添付されていた)投票券を使った後、処分に困って捨てた」と容疑を認めているという。

 書類送検容疑は6月中旬ごろ、AKB48のシングルCD計585枚を、太宰府市の山中に捨てた疑い。CDはすべて同種で、6月に沖縄県で開票イベントが行われた「AKB48 49thシングル選抜総選挙」の投票券が抜き取られていた。

中略

AKB総選挙のために多いときには1人で150枚のCDを買ったという福岡市の男性(24)は「投票後はCDを売ることもできず、大学のキャンパスで配ったこともある」と説明。「一体どれだけのCDが本当に聴かれているのか」と漏らす。