FT-101E C11(200pF マイカコンデンサ交換)

前回ダウンしたFT-101Eである。
秋葉原で該当の部品を探してみた、200pF 1KV耐圧のマイカコンデンサなのであったが、同一の部品は中々見当たらないのであった
200pFのマイカ・コンデンサはあるのだが、500V耐圧だったりするのであった
偶々、180pF 1KVと15pF 1KVのマイカコンデンサがあったので、それらを並列使用してみることした

IMGP6559

<今回購入した 180pF 1KVと15pF 1KVのマイカコンデンサ>

並列で測ってみると当然195pFである、

並列接続した合成容量195pFマイカ・コンデンサを、FT-101Eに取付けてみた
これが、シャシの奥とバンド切替のロータリースイッチの間にあるので、作業性がすこぶる悪いのであった
そこはメゲずに、何とか取付けてみた

IMG_4645

<C11を交換中 トリマーデッキの裏の、バンド切替SWの奥に鎮座>

取付けて、12BY7Aソケットのプレート端子とシャシ間の抵抗を測ってみる
ざっくり11KΩで、ショート状態で無いことを確認した
次に、12BY7Aと6JS6Cを外した状態で電源を投入してみた
すかさず、R40の発熱が無いことを確認する、当然これもOKである

この状態で受信をしてみる、12BY7Aを抜いた状態なので、PRESELECTの位置が当然異なっているが、受信は出来ることを確認した
取り敢えず一安心である

IMGP6563

<12BY7Aと6JS6C 頑張ってまたまだ働いて欲しい真空管である>

コーヒーで一段落した所で、12BY7Aと6JS6Cを取り付ける
FT-101Eの調整の基本バンドは29MHzである、私のFT-101Eは10Cと10Dの水晶は入っていないので、10Bの28.5MHz~29MHzで確認と調整を行った
28.5MHzに合わせてから、改めて、電源を投入してSGから40dBμVをSGから入力してみる
PRESELECTの位置が微妙に異なっているが、とりあえずは正常に受信していることを確認する
次に、アンテナ端子をダミーロードに繋いでから、HEATERスイッチを投入してみる

真空管が徐々に光ってくるのであるが、異音などしていないかを確認する
また、R40の発熱が無いことをここでも確認するのであった
ここでは特に問題が無いのであった 一安心である…

今回はC11を交換したので、トラッキング調整については全てやり直しとなる
従って、28.5MHzからトラッキング調整を開始したのであった

受信最大値の位置にPRESELECTをセットし、TUNEモードでMOXスイッチを入れてみる
とりあえずは、28.5MHzで90Wの出力が確認出来たので、C11の交換は修理は終了である

IMGP6568

<とりあえず復帰 28.5Mhzで約90W… 良かったです>

が…
6JS6CのIC電流が200mAまで上がる、PRESELECTの位置を探ってみる
PRESELECTの位置は、受信最大の位置とIC電流の最大の位置が結構ズレでいる
トリマデッキの28MHzを調整してみるが調整の範囲外であった…

C11の5pFの差分であろうか、それとも経年変化であろうか
何れにしても、T-102の調整が必要みたいである…
今までは、禁断の領域として触らなかった、いわゆる’ギロチン’と呼ばれる3連のμ同調ユニットの調整が必要そうである