●〇劣化が激しい(笑)久しぶりの囲碁活動〇●

 

 

お久しぶりです

碁Girlゆりです

 

 

 

5月のはじめの更新からひと月

ブログへログインもできてませんでした顔

 

 

初級教室も先月は2回しか行けず

今月は、仕事の関係で出席が難しく

ひと月お休みさせてもらっています汗

 

 

囲碁はじめて7月で1年!

スタートから半年の勢いがどこへ行ったのsss

という位に、囲碁をする機会が減ってるのですが

昨日は久しぶりに、週末囲碁活動していました嬉しい

 

 

きらーんきらーんきらーん

 

行ってきたのは

中崎町エストレラで開催されているYUIC

 

Y子さんR子さんと、久しぶりに3人そろっての囲碁

 

 

 

主催者Nちゃんとは5月ぶり

 

『最近ブログ更新されてなですね~』というNちゃんに

『最近囲碁全然してないからね・・・』とわたし

 

 

 

最近、棋力の劣化が激しく

19路で打つのに、けっこう気合が必要なんですが

 

この日は、もう一人の主催者しんごセンセイに

リハビリを兼ねて9子でお相手してもらいました♪

 

 

 

きらーん期間が空くとクセが取れる!

きらーん見え方がかわる!

 

 

と、その日参加されてる他の参加者さんが言ってくれましたが

 

 

クセどころか、クセくらいしか残ってないから

それさえ無くなったら、もう打てないかもね顔苦笑

 

 

なんて、R子さんY子さんと話してましたびっくり

 

 

 

夜は、そのまま近くの沖縄料理やさんへ移動

みんなで夜ご飯タイムごはん

 

 

7月にある団体戦の話やら

仕事に趣味の話とワイワイ

こういう時間も久しぶりで、楽しい週末囲碁活動でした笑顔

 

 

 

きらーんきらーんきらーん

 

来月で囲碁はじめて1年

 

後半失速しましたが、今も楽しめていることが

嬉しいです♪

 

 

さて、7月は囲碁教室復活できるでしょうか顔

頑張りたいと思いますキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加中
応援の1clickいただけると嬉しいです


にほんブログ村


囲碁ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと読む

6/18堰下!1投目で入魂♪

みなさん、こんばんは!(^^)

今日は通常のお休みの日。

早起きして行って来ました!

タマちゃん情報で堰上は
先日の雨で濁りが強いとの
ことなので先ずは堰下の様子見。

夏の一級ポイントに到着!
先行者無し♪

潮もちょうど下がりだしで
良い感じ。

思いのほか濁りも無く♪

まずはベイトでバズを巻き巻き。

ひと通り流して今度はピンポイントに
ポッパー投入!

リールは…

先日、どうしても欲しくて
衝動的に買ってしまった
「ストラディック2500S」

私のやる釣りの範囲で
スピニングにハイギアは
必要ないという結論付けで
ノーマルギアに。

その第1投目…

アンダーキャストで
ピンポイントに絶妙に着水!

着水した瞬間、岸際の水面が
モワッと…

そして…

ティップがググっとな…

リーサルポッパーで
42㎝ゲット〜♪♪
(^-^)v

1投でストラディック入魂完了♪
\(^o^)/

その後、潮も下がり過ぎ
堰上に移動。

日光&風が強すぎてお魚も
かくれんぼ…?(-_-;)

な〜んも無しで終了!
(_ _)

陽が出きる前に1本
捕っておいて良かった♪
(^^;

これからの時期は冬とは
違う意味で釣れる時間が
短くなりますね。

美味しい時間帯にしっかり
捕れるように頑張りたいです。

年間目標対象釣果

50up 1匹
40up 12匹
35up 11匹

もっと読む

【図解】会社法の機関設計のパターン(改正後)

【図解】会社法の機関設計(改正後)

改正により、機関設計のパターンが少し変化しました。
監査等委員会の設置が可能になりました。
これにより、公開会社かつ大会社のとれる機関設計のパターンが1つ追加され、合計3つのパターンを選べるようになりました。

そこで、これまでの図解に多少修正を加えたものが以下の図です。

イメージ 1

図の見方はこれまでと変更ありません。


<図解の見方>
①この図は機関設計の登山です。
②必ず株主総会から機関設計の登山をスタートします。
③□の形の機関では、機関設計の登山を終えることができます。
④しかし、○の形の機関では機関設計の登山を終えることができません。
⑤会計参与は登山に持っていくお弁当のようなもので、あってもなくてもかまいません。


これまでの図との変更点は三委員会のところが、監査等委員会と指名委員会等の2パターンに分かれました。

監査等委員会は監査役会と三委員会の中間的な性質のものですが、監査等委員会をベースとして考え、それで監督機能が足りなければ、さらに指名委員会等に切り替えるオプションのように理解する方が、機関設計のパターンを覚える上では分かりやすいと思います。

ちなみに、登山の制約もこれまでと変わりません。


<登山の制約>
①公開会社は取締役会を通過しなくてはならない。
②大会社は会計監査人まで到達しなくてはならない。
③大会社かつ公開会社は「監査役→会計監査人」ルートを通過できない
④非公開会社かつ非大会社は「取締役会→会計参与」ルートで登山を終えることができる。(取締役会でお弁当を食べて終わりにできる。)


以上の制約を図解に書き込んだものが下の図です。
この図を覚えることは機関設計の全パターンを覚えるのと同じです。
公認会計士の短答式だろうが中小企業診断士の一次試験だろうが、機関設計の問題が出題されればこっちのものです。

イメージ 2

大会社かつ公開会社
それでは、具体的に図解の見方を説明していきます。
まずは大会社かつ公開会社です。
関係する制約は以下の3つです。

<登山の制約>
①公開会社は取締役会を通過しなくてはならない。
②大会社は会計監査人まで到達しなくてはならない。
③大会社かつ公開会社は「監査役→会計監査人」ルートを通過できない

イメージ 3
制約が多いので通れるルートが一番少なくなりますね。
大会社かつ非公開会社
今度は制約は1つです。

<登山の制約>
②大会社は会計監査人まで到達しなくてはならない。

とにかく頂上(会計監査人)を目指しましょう。
大会社は規模が大きい会社です。
したがって、利害関係者(株主・会社債権者)が多いです。
そのため経営の監査と会計の監査の両方の監査が必要です。
多くの人に迷惑がかかるので取締役を野放しにはしておけません。

イメージ 4

もっと読む