私は強くなれるでしょうか? チェス猫先生の学習教室9

前回まではポーンの原則について考えてきたね(=^・^=)

はい(^^)/でも最近、先生があんまりかまってくれません(-.-)

あ、そう・・・(=^・ω・^=)
まぁそれは置いといて、今日は空間支配の原則について。
これもポーンの扱い方の分野に入るね。
スペースに関して局面を見極める時にも、白と黒双方の陣形の相違点に注目しよう。
すっごく簡単に言えば、
どっちが多く盤の上半分にポーンを利かせているかってこと。
今日は局面図を見る時に、まずはポーンの進度だけを見てみなよ(=ёェё=)

で、書くことがあんまりなくて困ってる(´;ェ;`)ウゥ・・・

原則1 空間支配の優位は長期的な優位になる。

原則2 空間支配で優位に立ったら、相手が自滅してくれるのをゆっくり待つ。

原則3 空間支配で優位に立ったら、駒の交換をなるべく避ける。

基本的にはこの3つだねφ(゚ω゚=)メモニャン
とくに説明はないニャ(=´∇`=)
え? これだけじゃ、勉強した気にならない?
仕方ない。もう少し具体的なアドバイスをしてあげよう~(=^・ω・^)ゞ

アドバイス1
「センターが固まっちゃったら、サイドで戦えばいいんじゃない?」
↓どういうことかっていうと、こういうこと↓

アドバイス2
「ポーンでセンター支配出来てるなら崩しちゃだめ(=`ω´=)」
↓例えばこんな感じに↓

アドバイス3
「相手がポーンでセンターを取った? ふ~ん、それで?(=・ェ・=?」
センターをポーンで支配するのが絶対的だったのも昔の話。
↓グリュンフェルト・ディフェンスで説明しよう♪↓

↑これがハイパーモダンって奴だね↑
センターの支配は別にポーンで行なう必要はないのさ(´pゝω・)

空間支配の大切さとその原則について理解できたかニャ?
じゃあ最後に練習問題。
【問7】 白は1.d5で優位になるかな?その理由は?

↓答えと現在のランキング↓

寒い(*_*;

もっと読む